本人の意思を尊重しましょう……初めの一歩は不登校コンプレックス解消から

無理に登校させるのは逆効果

親御さんにとって不登校は大問題です。学校に通うのが普通なのに、登校しないのですから色々と問題が生じます。ただ、登校しないのには何らかの理由があるはずです。その原因を突き止めて、可能であればそれを解消することで、スムーズに登校できるようになると考えるのは当然です。でも、原因が判明しそれが解消しても登校できないケースは多いと言います。それはなぜかというと不登校コンプレックスがあるからです。
原因が解消してもこのコンプレックスがある限り、なかなか登校にまでは至りません。このコンプレックスを解消することが何よりも先決です。ただ、焦りは禁物、ここで焦って無理に登校させると再び不登校に戻りかねません。本人の意思を尊重することです。

不登校コンプレックスを解消するには

不登校になったそもそもの原因は解消したのに、不登校であったという事実がコンプレックスとなりなかなか登校に踏み切れない不登校コンプレックス。これを解消するための解決策は本人にしかわかりません。登校してほしいと親が気をもんであれこれすると、それがかえって逆効果になります。登校するのは本人の意思に任せるのがベストです。
そうは言っても部屋にずっと引きこもったままでは健康にもよくないし、心配という方も多いでしょう。そんな時はいきなり登校ではなく、とりあえず近所へ散歩など連れ出すといいかもしれません。もちろんこれも無理やりではいけません。本人に聞いてオーケーが出ればです。散歩ではなく買い物でもいいかもしれません。近所で知り合いに会うのが嫌なら、遠くに出かけるのも一つの手です。

フリースクールを東京で利用するにあたり、一人ひとりの生徒に対する学習指導や進路相談などに応じてくれるところを探すことが重要です。

© Copyright Quit School. All Rights Reserved.